高圧洗浄機のおすすめや選び方について

高圧洗浄機の選び方は、まず自分がどのような使用用途で使うかをイメージしてから選択するのをおすすめします。家庭用で自転車や車、網戸などを洗いたい場合には小型のもので十分に綺麗にすることができます。

値段帯も2万円以内と手頃なものが多いので試しやすいのもメリットです。これら小型のものは静音機能が付いているものも多く、コンパクトなので住宅街でも使いやすいです。

より大きな外壁や庭、石畳、大型車を洗浄したい場合には大型の高圧洗浄機がおすすめです。こちらは大きな出力であり色々なものを一気に綺麗にすることができますし、高さのある2階なども届くのでこちらを綺麗にしたい方にも便利です。

コンクリートの溝やタイヤの隙間など自分では中々落とすことができない箇所も、高圧洗浄機ならばスッキリと汚れを落としてくれます。水道から引くタイプも定番ですが、最近だとタンク型の高圧洗浄機もありこちらも手軽さで人気があるのでおすすめです。

エンジン性能の高圧洗浄機は耐久性が高い

高圧洗浄機があったら、ブラシなどでこすっても落ちにくい汚れを一気に洗い流すことができるので、自宅に1台あればいいなと考えることがあります。高圧洗浄機には様々な種類があり、選ぶ基準としてエンジン性能に着目することが大事です。

高圧洗浄機にはコンセントから電源をとるタイプの他に、ガソリンエンジンを使用したものがあります。モータータイプは重量が軽く静音性が優れているので家庭用には向いており、一方のエンジン式のものは電源が不要であり水圧が非常に高いので業者向けだとされています。

エンジン性能が優れているので、水圧が高く耐久性にも優れていますが、その分、稼働を指せると大きな音が出ることになります。そのため外壁塗装を行う前の下地調整の時などに使用されることが多く、高圧洗浄機の大きさそのものも比較的大き目になっています。

家庭で車や窓などを掃除するだけであれば、使い勝手が良いモーター式の高圧洗浄機のほうが使いやすいといえます。

高圧洗浄機購入を考えた時にみておきたい比較のポイント

高圧洗浄機がほしいなと思った時、まず比較ポイントとして見ておきたいのが水圧。高圧洗浄機は名前の通り高圧力な水を使って汚れを落とすものなわけでなので、やっぱり水圧が強ければそれだけ汚れ落ちがいいわけです。

水圧はMPa(メガパスカル)で示されているんで、そこを見れば比較しやすいはず。でも水圧が強いとそれだけお値段も張っちゃうので、コスパはどうかというのも重要なチェックポイント。

家庭用のものであればお手頃価格でそこそこ強力なものもあるので、自分がどの程度の汚れを落としたいか考えながら選んでみてくださいね。住宅街で使うといったことであれば静音性もチェック。

あと意外と忘れがちなのが水源。洗浄機の中には蛇口に直接繋ぐタイプもあればタンク式のものあるので、もし近くに水道がないよってことであればタンク式を選ぶが吉。

あとはベランダの掃除をしたり車を洗ったりといろんな用途で使いたいのであれば、付属品やオプションパーツが充実しているかといった点も比較のポイントとなりますよ。

高圧洗浄機で着目される水の圧力とは

高圧洗浄機は、水を噴射して汚れを落としていく洗浄機です。「高圧」というだけあって、高い圧力で水が噴射されるのが特徴です。

高圧で噴射された水の威力で汚れを落としていくので、どの程度の圧力で水を噴射する機能を持っているのかが、高圧洗浄機を選ぶ際の注目ポイントとなります。

高圧洗浄機での圧力とは、主に「常用吐出圧力」と「最大吐出圧力」の2つを指すことがほとんどです。

「常用吐出圧力」は、通常使用の際の圧力のことです。「最大吐出圧力」はその製品の最大圧力を示し、この数値が圧力の限界となります。この最大吐出圧力は工場でのテスト時などに使われるため、ユーザーがこの最大圧力で水を噴射することはまずありません。

したがって高圧洗浄機を選ぶ際は、「常用吐出圧力」に着目して考えていくことがおすすめとなります。

耐久性が弱い場所を洗浄する際は強すぎる圧力だと破損してしまうリスクがあるので、水圧を細かく調整できるものを選ぶのも良い方法です。

音の大きさで高圧洗浄機を選ぶと大失敗する理由!?

高圧洗浄機の音の大きさは家庭用と業務用で異なります。

一般的な高圧洗浄機は動力に電気モーターを使用している家庭用モデルが多く、業務用はエンジンを利用する事で、家庭用を凌駕する吐出圧力と吐出水量を誇る反面、騒音は家庭用よりもはるかに大きくなります。

一般の住宅地域で普段使いとして使う場合は、音の大きさは重要になるのでやはり家庭用に軍配が上がりますが、住宅塗装前の外壁洗浄や猛烈な汚れ落しには業務用高圧洗浄機ではないと太刀打ちが出来ないので、最初に高圧洗浄機を選ぶ際、音の大きさで決めてしまうのは禁物です。

特に高圧洗浄機は吐出圧力と吐出水量をノズルからどの形状で噴出させるかも重要な要素となるので、水流をどれだけ取り込み出力させるかも考えねばならず、ホース直結のような水流でエンジンタイプを用いても音の大きさが大きくなるだけで、むしろ家庭用のほうが最適だったという後悔をする場合もあります。

そのため高圧洗浄機を導入する場合は、機器の吐出圧力と吐出水量の他に、音の大きさや入力水量も考えて導入したほうが懸命で、用途に応じて最適な機種が決まってきますので、自分の用途にとって使いやすいモデルを選ぶ事が重要です。

とくに高性能でおすすめと評判になっているのがヒダカですが、ケルヒャーなどと比較した情報を家庭用おすすめ高圧洗浄機を徹底的に探す!でチェックなさってみるのもおすすめです。